teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


「横綱・稀勢の里」誕生!おめでとうございます。

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2017年 1月24日(火)01時18分47秒
  1/10少年画報社さんの新年会に参加しました。新参者の私にも快くお話をしてくださった作家先生方!!「思い出食堂」という雑誌の奥深さを実感しました。ありがとうございました!
二次会ではあの高梨みどり先生と、講談社イブニングでお世話になった担当さんが同じ人という事が分かって、急に距離が縮まったような気がして嬉しかったです。
 
 

あけましておめでとうございます。

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2017年 1月 1日(日)03時26分1秒
  昨年中は大変お世話になりました。2016年は漫画作品の連載が数カ所ではじまったりして自分の中の「まんが歴」を大きく更新する事が出来ました。つまり長年切望して来た「つるんづの→漫画大作戦」ついに作戦決行、飛躍の年となりました。めまぐるしくてまだ気分は春先です。この掲示板での報告にもお付き合いいただいてありがとうございます。自分で漫画を描いて、見返すことは今までよくやっていたのですが、それが印刷され、掲載され販売されている。そうなった自分の作品を見ていると、今まで読んでいた漫画にも違う側面が見えて来て、また自分の「まんが力」が高まって行く気がして(本当にそうならいいのですが)漫画がまたおもしろくなっています。つるんづのライブも続けられていて幸せです。こちらも自分の良いなと思う状態プラス自分がまだ発見できていないイメージというかなんだかそんなものがあるような気がして(本当にそうならいいのですが)ライブがまたおもしろくなっています。2016年はバンドライブも一回実現して、誘われた分もありまだ忘れられていないなと勝手に思っています。いろんな活動の中で後手後手に回ってしまっている分だけが謝っても謝り切れず今後の反省とさせていただきます。2016年、活動の詳細は例によって「つるんづ活動日記」という小冊子にまとめ、またライブ会場などで配布します。どんな台所事情でどんなミラクルが起こっていたのかを赤裸々に独白する読み物です。お楽しみに~。
それでは2017年も、ひとつよろしくお願いいたします!
 

友達のやっているネットラジオに参加して

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2016年12月31日(土)03時17分18秒
  喋らずただ笑ってるだけという暴挙


12/4は姫路バレーボール協会さんからお呼ばれされちゃいまして姫路中央体育館に行く。スポーツ観戦っておもしろい。アンガールズ田中さんとロッチのおふたりもゲストで出てらしておもしろかったです。以前仕事で似顔絵描かせていただいた眞鍋監督と再会。僕のこと覚えてくれていて感動でした。
12/8は、漫画家はたのさとし先生からお呼ばれされちゃいまして、大阪南港ATMに「浦沢直樹展」を見に行く。ネームと原画が同時に展示されていてずっと見入ってしまった。すごいもんを目撃した…なんだこの画面作りは。なんだこの流れるように読める漫画は。なんだこの展示会は。これはもう“漫勉”だ!生原稿を目の当たりにすればそれが解説だ。で、この日は展示会場の一角でトーク番組の収録もあり御本人登場。ギターを持って登場して唄ってはじまって、漫画について熱く語って、またギターを手にし、唄いながらいなくなってしまった。なんだあの人は。漫画家なのかミュージシャンなのか、いやただの“浦沢直樹”だ!
 

自分の中の手塚治虫再ブームが到来。もう認めるしかない。

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2016年12月31日(土)02時39分53秒
  そして「手塚治虫の初仕事、宝塚市で発見」のニュース
https://www.lmaga.jp/news/2016/12/18694/

ギターを弾いていてピックと弦がくっついてしまうのではないかという感覚に陥ることがある。漫画を描いていてペン先が紙に吸いついてしまうのではないかという感覚に陥ることがある。これが良いことなのか悪いことなのか分からないけど、何か気持ち良くてやめられないんよね。
 

おもしろい文章が出来て喜んで投稿して盛大に消滅する。

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2016年12月31日(土)01時52分39秒
  あのリズム、再現不可能…。

だけどしょうがない。機械はそういうもんだと思う(ことにする)

12/1は揖保郡太子町「あすかホール」の「研修室」で、つるんづマリーの講演会「漫画家が見た播州弁」を行いました。家で練習してみたところ30分で終わるのでヤバいなと思ってたけど本番では結局60分喋っていました。それどころかもう少しでテーマから外れてどんどん行くところでした。危ない!漫画と方言のことを通して思ったことを喋って、なんとなくみなさんに喜ばれていたみたいで嬉しかったです。ありがとうございました!
 

「耳をほじる」という新しい趣味が中耳炎によって禁止に追い込まれる

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2016年11月28日(月)00時45分34秒
  短い命でした

大都社「実際にあった怖い話」「つるんづ怪談」第五回について。制作裏話…そんなん言うのはアレですが、漫画を描いたり曲を作ったりする時、制作途中に震えたり体調を崩したりすることが時々あって、制作途中から半泣き(あるいは笑顔)になってて、『これは何か意味があって作ってるのだな』という、いやそれは全作品そういう気分で作っているのですが、そういういつもある気持ちが心の中から体の表面に出て実質的な症状になることもあるもんで…つるんづの曲で言うとアレとアレとアレと…漫画でいうとアレとアレと…そんな極端に来たヤツが掲載されました。この話を聞いた時に、何とも言えない気持ちになった印象そのままを描いています。ホラーが好きな人のみならず皆さんに是非ご一読いただけると嬉しいです。
 

お知らせです~

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2016年11月25日(金)00時05分30秒
  大都社「実際にあった怖い話」「つるんづ怪談」第五回やってます。良かったら見てやってください!
 

お知らせです~

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2016年11月22日(火)01時01分8秒
  少年画報社「思い出食堂No.31 かきあげ丼編」に読切漫画「梅ささみ」が掲載されました。先日亡くなられた高井研一郎先生も載ってます。是非。
 

(無題)

 投稿者:ア・ガイ・コールド・ユキオ  投稿日:2016年11月21日(月)13時52分59秒
  頭使うの嫌なんか!

現代人してるねー
 

手塚治虫熱は再熱してはいけない

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2016年11月21日(月)01時34分51秒
  なぜなら読んでない作品&バージョン違いが多すぎる。ひとつひとつ“確認したい欲”はなんなんだ!?そそる!!

高井研一郎先生逝去…少年画報社「思い出食堂」で同じ本に掲載されたのが最近一番の自慢です。『総務部総務課山口六平太』をビッグコミックでかれこれ二十五年ほど読み続けてて…はじめて言いますがずっと気になってたのが、作中に一時期よく登場していた“謎のおばあちゃん”、誰かご存知ですか?気になって仕方がなかった。モブとして道を歩いていたり立っていたりするんだけど、時々こちら(読者)に向かって笑っていたりピースしていたり、なんと時には地面に埋まっていて顔だけ出していたりする!あれは誰なんだ!?アシスタントさんのいたづらなのかなんなのか…単行本にも出てくるのかな?いつか高井先生にお会いできたら聞こうと思ってましたがかなわぬ夢となりました…ご冥福をお祈りします。

なむらさん>ですよねー。好きな事なのに(好きだからゆえに)成立しないという現象もあるんす…世の中深いっ!
 

レンタル掲示板
/117