teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:5/1271 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

蚊が年々強くなっているのか、僕が年々弱くなっているのか。

 投稿者:つるんづマリー  投稿日:2020年 5月31日(日)05時54分39秒
  通報
  どっちの方が年々なのか?

蚊に刺されて三日程経った。いつもなら蚊に食われた後なんて残らないのに今回は赤い痕が残ってて、痒みの復活はないもののノミに刺された痕みたい。




ガロを読みふけり「勝又進」再ブーム到来。勝又進と言えば四コマがもちろん素晴らしく、人間の本質的なところをほじくり出して見せてくる。ストーリーの短編は短編で別方向からものすごい威力を発揮している。さあこの短編がすごい。当然と言えば当然だけど民話の持つ「話の力」すなわち「土着の力」がおそらく僕たちの血液に流れているものと相性が抜群。そこへ持って「絵の力」は、これまで四コマという限られた枠に絵をはめ込み続けた職人のパワーの開放と言って言い過ぎではない。補足すると勝又先生もともとストーリーものも描いていたらしいんだけど、時系列でいうと四コマをあの量描いた後の短編。やっぱり開放されていると思うなあ、ぼかあ。


COMに飛び火して「火の鳥」再ブーム到来。名作と言われライフワークと言われ何かの金字塔と言われながら、自然に読んでたあのころには気づかなかったけれどその実とても実験的な作品群なんだこれが。ひとつひとつ更新している。テーマとしては変な言い方するとずーっとおんなじこと言ってる…ともとれそう。だけど毎回確実にすごいことばっかり言ってるし、やってる。いまさらながらあらためてため息。

宇宙ちゅうことで「21エモン」再ブーム。大筋のストーリーもすごいけど、1話1話。もっと言うとひとこまひとこまでもネタ満載。次から次へとネタ入れすぎ。これは飽きない。おもしろすぎる。もっと読みたいなあ。というわけでいよいよ僕の青春時代、大変長らく藤子・F・不二雄史上一位だった「モジャ公」再ブームの予感です。
ほいでこの21エモンって2018年の話だったのね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/1271 《前のページ | 次のページ》
/1271